上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--


今日は究極にリラックスな日だった。
海辺でねころがって
目を閉じてひなたぼっこしてるような。
とてもとても気もちがいい。
目を開けていても閉じていても
あんまり変わりがない。
思考はうるさいといえばうるさいけど
スズメみたいに
チュンチュンいってるだけ。

催眠術にかかったみたいな目。
何もしなくてよかった
何もしないほうがよかった。

身をまかせるだけ。
このうえなく
気高い光に
同調する。
2016_01_25

対処

category: セッション  

年末年始の
家族のごたごた
とくにきのうの
娘の祖父母訪問にともなう
いろいろな思い
罪悪感
全部がからまっちゃって
なかなか抜け出せない

瞑想がうまくいかないという話をして
共鳴にはいる
2回目くらい?
スカイプがいったん切断して
なぜかそこから沈静していった

ただ息をする自分
すべてに対処したい
すべてをうまくやりたい
そういう焦りがいつもある

でもそういうのを手放して
あきらめて
ただ息するだけ

静けさが徐々に支配して
言葉がなくなっていった

抵抗があったなと感じる
抵抗

それはただ
めを閉じて手を握っているだけ

目を開くそしてこぶしを
開く。
2016_01_11


リトリートでの気づき
それが確認された感じでした
1回目の共鳴はまだ
ざわざわしてましたが
2回目の共鳴の後半から
静寂が支配し始めた
全部の戦略、作戦みたいなものが落ちて
ただ
そのまま。
何も考えないから
とても楽で
とてもリラックスして
そして守るものがない。
未知の世界だから
少しこわいし
心もとないけど
でもそこに開き
自分をゆだねると
何も恐れることはなかったとわかる。
ほんとうに欲しいものはなにか。
それがわかると
こわいものはなくなる。
完全な安心と開放のなかで起こる
存在の交歓。
なんの思惑もなく
ただ純粋な
魂の
出会いの時間。
2015_10_26

覚書

category: セッション  

いきなり
すごいクリアさだった
最初の共鳴から。

今までにない
澄み渡る感じ。
キリリとして
くっきりとして。

雑味がなく
純粋な水のように。

ヒーリングも
同じトーンで、
静かでクリア。

二度目のちょっと長いヒーリング中
雑念というか
日常的な思考に
とらわれかけたとき
とつぜん
くさびを打ち込まれたように
カーンと静かになり
そのあと
しんと静まり返った

それはそのあとのヒーリングでも繰り返され
思考が起こりかけると
クリアリングが起こる

そんな調子で
共鳴とヒーリング
クリアさ
明晰さ
純粋さで
統一されてた

と思ったら
最後のヒーリングで
ふいに温かく
優しい
至福感がやってきた
胸の奥から湧き出す
heartyな
親密な
感覚。
これは反則だ!

思わず思った^^
2015_08_10


日常を生きてると
心惹かれるものがたくさんある
けれど
セッションのときには
そうしたものが色あせる
日常で惹かれるものとは
真逆の方向へ
惹かれていく

振り返りさえすれば
思い出す
えもいわれぬ
至福の海
そこがどんなに大切か
そこにどんなにあこがれているか
思い出せる

どうしていつも
忘れているのか
わからないくらい
強い憧れ

ヒーラーさんは
ずっとそこにいるから
同調さえできれば
そこにいけるはずなのに

自ら
それを阻んでいる

手放しさえすれば
かんたんなはずなのに

何もしなくていい。
ただ
身を任せるだけ。
抵抗を
やめるだけ。


2015_08_03


08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

Luca

Author:Luca




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。