上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--

永遠の夢

category:  

永遠が夢を見る

私は1人のさびしい人間だ と

その人間は言う

これは夢です

私はほんとうは永遠なのだから と

夢のなかで


スポンサーサイト
2012_11_06

category:  

空の向こう側は

まだ昼間の夢を見ている

高木の立ち並ぶ道は

水のない海の底のよう

上弦の月は

夜の冷たさに

小さく震える

私はもう

何万年もあくことなく

時間と空間のある

この世界を

夢に見ている

永遠


2012_10_19

散歩

category:  

真夏のような暑さに

散歩は午後六時過ぎ

犬の足の赴くまま

まだ明るさの残る

ひっそりとした路地裏に迷い込む

取り壊しを待っているのか

ひとけのない公団住宅

錆びた郵便受け

こわれたバケツ

何かの匂いに気を取られた犬が 足をとめる

ふと

微かな音が聞こえた気がした

洗濯機のまわる音

台所の水音

こどもの声

はるか昔 ここに生活していた人の

微かな気配 

ひそやかな息遣い

微粒子

残された音が

風にのって今

届く

微細になった聴覚が視覚が嗅覚が

かつてあったそれらを とらえる

その名残を


見上げると

空には輝く雲


今から五十年後

百年後

なにが残るだろう

視界のなかで

まず犬が消え私が消え子供たちが消え車が消え

家が電柱がマンションが木々が

何も残らない

なにひとつ

すべて 原型をとどめず

微粒子になり

虚空に消える

こんなにもはかなく

必死で生きているものたちを

愛するものがいないはずはない

たとえ

このいとおしくも不完全な感覚器官が

とらえられないとしても

2012_07_04


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

Luca

Author:Luca




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。